21世紀に突入して10年が過ぎ、ようやく『情報化』の名に恥じない社会が完成しつつあります。

 インターネット接続は電話回線から光回線に、メモを取るのはノートからノートPCに、電話や手紙やFAXは電子メールに、議事録は紙からPDFに、会計帳簿は紙から会計ソフトへの入力に、竣工図面は青図からCADファイルに……等々、これらの一例は企業規模を問わず『今や標準化している』と言っても過言ではありません。ITへの投資と運用は企業内の様々な分野で業務の効率化を実現しました。

 しかしどんなに便利なシステムも、動かすのはやはり『人』です。そしてその『人』を動かすのは『心』です。私が子供の頃に夢見た21世紀は何もかもがオートメーション化された世界でしたが、そんな『人』も『心』もない世界では新たな未来を生み出せるはずがありません。

 当社ではお客様との『人』と『心』のつながりを第一に、全力でお客様の未来を育むお手伝いをする企業であり続けたいと考えております。常に利用する側の視線に立ち、取捨や可不可の判断をはっきりと申し上げ、予想の一歩先を行く提案とサービスの提供ができること。また、お客様にとって気軽に声を掛けられる身近な存在であること。最高の『縁の下の力持ち』になるべく、日々努力していくことをお約束致します。

 なお、今更ですが会社名は『月海』と書いて『つぐみ』と読みます。具体的な業務については『事業内容』をご覧ください。個人・法人、規模は問いません、まずはお気軽にご相談ください。

 

 株式会社 月海
代表取締役 松宮 大輔